スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.07.02 Wednesday |  | - | - | - | 

貢物でのご飯

1

ここ最近 義母から果物や釣った天然の魚 千葉の母から 
筑紫やせり 採ったハマグリなど 食べ物の贈り物が多い我が家。
今晩は 休肝日と言う事で 珍しくお酒を抜き白米を炊き 食事らしい食事を。。

天然の魚を塩焼きに
天然の筑紫を キンピラ
天然のセリを 辛子醤油和え
天然のハマグリを 潮汁に

1

ミニ土鍋で焚いたご飯にシラスをふりかけて。。

贈り物 天然の恵みだけでの夕食
これって 東京ではとっても贅沢なこと。。
魚も野菜も貝も 皆 美味しく そして 天然モノは味が上品。

義母や母からの荷物が届くと 二人だけど家庭と言うものがココに
ある事を再認識させられる。 まだまだ未熟な二人 しっかりしなきゃ 
と 思う瞬間でもある。。

明日は この産物をどう調理しようか。。
2007.04.11 Wednesday | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

ある日の晩飯

ここ数日 夕食強化day と 意味なく ヤル気だけ出してみた。
単純に自分中で 数少ない出来る事を おろそかにしちゃいけないと
たまに起す 自己カンフル。(続いて数日ですが)

1

で 昨晩 スーパーに行くと 魚貝大スキッ子の私が 一度食べてみたい
と思った ブツ これを置いている魚屋 スーパー は 結構いや かなり 
魚に力を入れていると思う。 何故ならば 早春だけの味覚の上に
足も早い。  

で これ 
ヒントは 一匹だけ 横たわっているのに注目。

1

で 答え

のれそれ

つまり アナゴの稚魚。
この時期になると たまーに デパートとかで見掛けて 白魚でもなく
生シラスでもないこれに 兼々とーっても 興味を持っていた。 
で 昨晩 初めて買ってみたのです。

でも これは手を加える事のない 刺身なので 魚料理を一つ。
えいひれを使用した 煮付け。 

1

これも今の季節が旬な生のえいひれ。
骨ごと食べられ コラーゲンがたっぷりな えいひれ。
北海道や東北では かすべと呼ばれ よく食べられるそう 現に 東北
出身の母がたまに作っていたのを覚えていて 真似して作る様になった。
身は少ないが ひれの軟骨部分がこりこりと食べれるのが 結構好き
だったりする。 少し唐辛子で辛味をつけ 煮付け 餡かけ風に仕上げた。 

他 青柳の刺身(これも今が旬!千葉県名産)
青梗菜と牛肉のにんにくオイスター炒め   が今夜の献立。。

仕事帰りに なんと タイミングよく 相方さん 手土産にワインを調達
してきたので お楽しみが増量☆ 人生お初の のれそれは 生シラスや
白魚より もっと 淡白で臭みが全くなく 中々おつー。 先程ネットで調べると 
生の卵黄を混ぜてユッケ風に食べるのも美味だとか 再度 トライしてみる
価値ありです。えいひれの煮付けもいつも通りのお味で 気休めにコラーゲンを
取れ満足。 

冷静に考えれば私は東京産まれ 東京育ちだが 作る料理はやはり
東北出身の母が作っていた 東北ならではのものも多い。
知らず知らずと 自分が東北よりの食文化を受け継いでいるのに
はたと気付かされ なんとも感慨深くなったり。。
 
今夜もおいしく 頂きました。。
2007.02.09 Friday | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

牡蠣のオイル漬け

何も変わり映えしない 日常で唯一の楽しみと言って過言でないのが
食べる事。。と言うか 絶対に食べる事 と言うか 食べ物事ばかり
記していますが。。。。

夏は 熱を放つ火となるたけ関わりたくないと思い調理時間の短い
あっさりとした簡単な食事で済ます事が多いが 反対に寒い冬は
火を使った 夏よりは手の込んだものが食べたくなり 時間があれば
必然とちゃんと料理を作る様になる。

先日 人様のBlogで見かけた 晩酌のあてにぴったりだと言う
牡蠣のオイル漬けに一目ぼれし早速作ってみる事に。。 
この料理 簡単だが 前の日から仕込まないといけなく 
次の日の肴としてルンルンで前日に仕込んだ。。

(この手の肴 一品仕込み料理が自分が好きな事に今気付いた!
以前 鳥ハム・塩豚を作り 暫くはまり リピートする 、そして今
回は魚介 ←解り易いな私  そして こちらもリピート決定で牡蠣を買い増し
した ← ワンパターン)

1

下処理した牡蠣にオリーブオイルに漬け込むのだが一日目から食べれ、
お塩とレモンで頂くのだが ちょっとしたお店で出て来る様な味で 
うんまいのだ。。

他に 最近無性に食べたくなっていたレバニラを作る事に。。
レバニラ→単純に レバーに野菜そして味付けの順番で炒めれば良いと
思っていた と言うか 今までそうしていた。。 ところがどっこい。。
作る前に 一応復習〜と思い ネットでレバニラ検索をすると、、その
作り方は主流ではない様で 

レバー  生姜・酒・醤油・片栗粉 などに漬け込む
モヤシ  軽く下茹で

レバーを焼肉の様にフライパンで焼いたら一旦取り出し
ニラだけ炒め しんなりしたら モヤシ・レバーを投入して味付け

と言う 意外に段階を踏むとの事。
私が世間知らずなだけだったのか・・・
(つか この作り方が本当に主流なんだろうか?)
でその通りに作り 食してみると あらびっくり 
レバーのパサツキもなく野菜はしゃっきり かなりおいしく出来た・・

何でもそうだけど 一手間を掛けるだけで大きく変わる、、、
しかも食べ物ってのは 解りやすい。。
ん〜 奥が深いからこそ 料理は楽しい(冬限定)
(時には誰かに作ってもらいたいわ・・・叫)

*牡蠣のオイル漬け
*雲丹 キュウリ添え
*手羽先焼き
*レバニラ
*ワカメス−プ
*イカのおつまみ(相方手土産)


相変わらず 肴メニュー 
夜にご飯を炊かなくなってどれだけ経つのだろう・・・
まぁ 唯一の楽しみだし
私にとっても相方にとっても 晩酌の時間が癒しの時間であり
おいしい肴があれば 会話も弾み 良い時間を過ごせる。。
その為に日々努力・・・・
         と でも 言ってみると素敵だ!あたし

本当は自分が食べたいだけです。。
2007.01.18 Thursday | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

今夜の晩御飯

今夜は蓮根!
って 気分に何故かなり。。。
今夜は相方帰宅まで時間は結構ある。。
今日はいつもよ真面目に食事を作る事に。。

*献立* まとまりがない献立ですのであしからず。。

野菜ポトフ → 冬にぴつたり。。
豆もやしのナムル → 最近マイブーム かなり頻繁に作っている。
海老水餃子 → 大好物 ラー油とお醤油で食べると ウマー
蓮根の挟み揚げ → コレマタ海老料理 海老好きですから。。
生牡蠣 → これ我が家の定番。。


つー事で 今夜は張り切りマンボで 料理開始。。
今夜は写真をバッチリ撮ろうと思いまず 一枚。。

最近 お気に入りアイテム。

1

相方教え子より 結婚祝いで頂いた とっても上品なワイングラス。。
飲み口がすごーく薄くい上等な品 けど 簡単に割れそうで 
酔った後の皿洗いは 毎回 冷や汗する。。
そのワイングラスの下に引いているベトナムシェルコースター。
最近 一目ぼれして 購入した 貝細工で蓮の花を表している 
コースタ。。かなり 気に入っています。コースーターに
合わせて 箸置きも 今日は貝細工、

1

これは確か数年前兄より中国土産でセットでもらったもの。。
と 言う事で 快調に 作りつつ お写真を撮る予定 んが、、
久し振りに作った 蓮の挟み揚げを失敗し 撃沈 凹む。。
好きな食べ物を失敗すると何故こんなに凹むのだろうか。。
もぉ 撮る気なすっ。。

そんな訳で 他画像なしですが ちゃんと 作りました。
途中 胡椒がないのに気付き 2度目の買い物に行ったりと
バタバタしながら 挟み揚げも 無理無理に 仕上げ 相方帰宅
を待ち 遅めの夕食に。。失敗ながらも まずまずのお味の挟み揚げ。
体を温め ホット出来る 野菜のポトフも良いお味、 私の好物 
海老餃子は特筆する事もなく 毎回ブリブリで 豆もやしナムルも 
ゴマ油の香りが嗅ぐわしぃー って事で自画自賛 
全ておいしかったです。。

最近安白ワインにはまっていると何度も
書いていますが 数ある安白ワインの中から おいしいのを見つけ
るのがコレマタ楽しい。。ちなみに昨晩のはハズレでした。。
安くても おいしいのもあるのとこもワインの魅力では、、
最後にビールで〆て夕食終了。。 

女性は作る手間があるけど 好きな食べ物を自分で献立出来るのは
一つの利点だと思ったりしています。。 もちろん好きなモノだけでなく 
バランス良く 栄養を考えて もっとレパートリーを増やしたいところ。。
2007.01.12 Friday | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

筍 旬

take
ここ数日 スーパーで目に付いていた 筍
たまたま 昼間 目に入った料理番組で筍の
煮物が妙に美味しそうに見え 昨晩 生の
皮付きの筍を買って帰り糠と唐辛子で
灰汁抜きをしてから鶏団子と筍の煮物を作ってみました。

住んでいる建物の敷地内に 可愛いハナミズキの木と
その袂にたわわに茂った山椒の木があり 筍の脇役と
言えば山椒と言う事でしっかり毟り取り添えてみました。
(スーパーでかなり小さいパックで250円で売られてた)

筍の独特の風味が強く出ていて凄く美味しく出来ました。
正に旬の味と言ったところ。 旬のものを材料に
使えば少しの調理のミスも隠せる位の超越した素材の
うまさを感じます。 

ああ 旬だな〜
なんて気付いてしまうなんて 私も年を重ねたものです。
けど 若かったらこの旬のうまさ 解らないだろうな〜
2006.04.21 Friday | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

鶏飯

12
日常にない不動産屋との長い会話。
お金が絡むからか 妙に疲れを感じ夕方帰宅した。
そのまま 眠りに付き・・・・

気付いたら夜21時だった そんな土曜の夜。
お風呂を済ませ 一人簡単な晩御飯を済ませ
又 刻々と眠りについた。 目が覚めれば
日曜日 朝10時頃 昨日から消えた相方の
居場所メールで目を覚まし NET・軽い食事の末 
又居眠り再び相方の居場所メールで目を覚ました15時
一人の時間が出来ると立派なヒキコモラー
な私 買い物以前に動く事さえ面倒になったが 意を決して
外に出る事に、、 何かで見掛けてからかねがね 
作りたいと思っていた 

シンガポールチキンライス 鶏飯

を作ろうと 材料を調達し 早々に家に戻り
早速取り掛かり。。食べた事もない料理だったので
どんな味に仕上がるか楽しみ。
にんにくと生姜を共に炊き込む香り米(タイ米)は
炊飯器からとっても良い匂いが漂い食欲をそそられる。
勝手なアレンジの末 意外に簡単短時間で出来上がり、
綺麗に盛り付けて早速食してみると、、

マジウマー

我ながら絶賛♪
鳥スープと共に炊き込むご飯が本当に良い香りで
うまい ちょっとした来客にも使えるのでは・・・
とmyレシピに入りました。こりゃ 一人でも
酒が進みますわ・・・

作り方・・・・
我流を加えていますので。。

分量。
鶏胸肉又はモモ肉:2枚
ジャスミンライス:2カップ
塩:小さじ2分の1
にんにく・刻み:1かけ
生姜・刻み:1かけ
鶏スープ:400ml (私は チキンコンソメを利用しました)
サラダオイル:大さじ2

生姜だれ。
生姜・すりおろす:大さじ3
にんにく・すりおろす:少々
長ネギ(白い部分を細かくみじん切り):大さじ1
サラダオイル:大さじ2 (私は入れず)
塩:適量

作り方。
1.鶏スープを小鍋に入れ、沸騰させる。

2.沸騰したら鶏肉を入れ、蓋をする。

3.再度沸騰したら火を出来る限り弱火に落とし、鶏肉をゆでる。

4.鶏肉の中心まで火が通ったら、氷水に移し冷やす(スープは残しておく、アクは取ること)。←これ重要 必ず冷やすことを忘れずに

5分ほどで取り出し、水分を拭き取って常温に戻す。

5.フライパンにサラダ油をひいて、中火にかける。にんにく・生姜・塩を加え、香りが出るまで炒める。

6.次にジャスミンライスを入れ、全体に油が回るよう、混ぜながら軽く火を通す(焦がさないように!米に少し透明感が出るぐらいが良い)

7.炊飯器に(6)を入れ、残しておいたスープを加えて炊く。水加減は1、2割少なめに。

8.生姜だれの材料をよく混ぜ合わせる。

9.皿の上に炊き立てのご飯をのせ、その上に適当な大きさにスライスした鶏肉をのせ、生姜だれと濃口醤油、スイートチリを付けながら頂く。

是非お試しあれ〜
 
2006.04.02 Sunday | 23:44 | comments(3) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

キャベチ

17
残業になると 
どしても 夕食の支度を放棄したくなるのは私だけでしょうか??


そんな考えに何とか打ち勝ち帰った昨晩 
少しでも楽しようと 鍋にした。。先日買ったキャベツが
余っていたのを思い出し 白菜代わりにキャベツを投入したら
意外おいしく驚いた。 しばらく 鍋にはキャベチ!になりそう。。

食後 とある話を相方としていて 考えを聞いたら 私とは違う
意見だった。けど冷静に考えれば そちらの意見の方が冷静で
正しいのだろう。けどさ、、

女は感情論 主観的
一歩間違えれば地球まで自分の為に回ってしまう生き物。。。


そんな可愛げ(お馬鹿な)性質を酌んでくれよと言うのは 
甘い話。。そう思った時点で子供染みていた。
結局の所 女同士で どーのこーの
と話をすると この女特有の性質が出て 
そうだよ そうだよなんて連呼しちゃうけど 
一歩引くと 自分勝手って事に気付く。。何事も柔軟に色んな
見方をしなくてはと思った雪の夜。。

けど・・・・
このお馬鹿な女の性質があるから男性は日々が楽しいのだと・・・
2006.02.07 Tuesday | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

鯛鍋

00
まだ寒い日々が続いている。
いったい何時まで続くのやら・・

そんな時は鍋! と当たり前な思考回路ですが
鍋は鍋でも 味を変えないと飽きる・・・
昨年の秋頃から始まった 鍋料理 当初は
キムチと ゴマ醤油味の既存のたれを使用していたが
さすがに最近 味の濃い鍋に飽きました。。
と言うか年なのか・・・
そこで 初心に戻るべくmyboom 鍋は。。。

鯛のあら 鍋

字の如く 鯛のあらを使用した鍋 
魚屋さんで鯛のあらと鯛の切り身もしくは白身魚
を購入して うっすらダシのお鍋に魚・野菜を投入し
ポン酢で食べる鍋、ある種オーソドックスな鍋。。
これが妙にうまい♪鯛から出る上品なオダシがたまらな
いのだ。。味が濃いものは飽きてくるが このあっさり
感が飽きずに食べ勧められる。。

私はこの鯛のアラを魚屋屋で見掛けると購入する人。。
良いおだしが出るので 味噌汁を余り飲まない私は 
潮汁をよく作る、そのオダシに最適なのだ。。
そんな訳で昨晩は鯛鍋をたらふく喰い喰い疲れ
てしまった・・・・

又肥えたか・・・

まだまだ 我が家の土鍋が活躍する日々は続きそう。。
2006.01.12 Thursday | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

ちょっと 違う ゴーヤ

555
例のごとく千葉より野菜を収穫してきたのですが
今年のゴーヤ ちと様子がおかしい・・・
ゴーヤって普通 イガイガの濃い緑じゃないの?

けど母曰く

種類が違うのラブ
(この発言も怪しく感じてしまうのはいけないかな)

との事 けどどう見ても 瓜・・・
食べてみると ゴーヤの苦さがあるが若干
柔らかいと言うか瓜みたいな柔らかさ。。
畑って色んな野菜を作るから 突然変異で相の子
みたいな野菜が出来る事があるんだけど それじゃない
かと密かに思っている私(一応植物用薬品会社出ですから)

ずばり 

キュウリとゴーヤのカップル

みたいなぁ。。
そんな事は良いとして ちょっとで良いと言っているのにも
関わらず 3本も持たされた。。 ゴーヤ3本はボリュームが
ある。キュウリ3本とは訳が違う。。
さてさて如何に調理するかな。。

真夏の暑い時はトマトとゴーヤの薄切りでサラダで食べるのも
良い この時は中華ドレッシングが合う。
大量に持たされた昨年はピクルスを作ってみた。。
コレマタ 夏場にはぴったりで おいしかった。

さてさて 暑さがない秋初旬 どう調理するか・・・

一日目 ゴーヤチャンプルもどき 豚肉と卵とゴーヤの炒め物
二日目 ゴーヤの醤油焼きうどん

ゴーヤは鰹ダシが良く合うので 焼きうどんにもぴったり 中々の
お味でした。さてさて 明日 最後の一本で何作るかね。。
何か 良いレシピあるかな??
2005.09.27 Tuesday | 01:19 | comments(2) | trackbacks(0) | 晩ご飯 | 

東京砂漠

タイ米
昨晩に引き続き 本日もエスニック
一度炊いてみたかった タイ米とグリーンカレーを
カルディで購入し 帰宅。。 
タイ米は「香り米」と言うだけあって炊いている時の匂いが
いい香り。。缶詰のタイカレーにはいつも鶏肉を入れ
チキングリーンカレーに。。 今日もおいしゅう異国
料理となりました。

昨晩 2夜連続で母から電話
兄夫婦が遊びに行っていた晩 浮かれ気分で電話を
してきて 又いつものトーク

ママ 心配で心配で・・・・
眠れなくなっちゃうのよ・・・
夜中に電話しそうになっちゃった・・・
したら パパに怒られちゃった AM1:30

私の返答
ママさぁ 暇だから 鬱っぽい事を考えるんだよ。

すると

もぉ 相変わらず

砂漠ねぇ

東京砂漠にいるから〜


おぉ久し振りにヒットなコメントを聞いてしまい
一人ニヤリしてしまった。どんな 辞書が
この人の頭の中に入っているんだろう・・・

東京砂漠にいるからって
「あなたも30年住んでいただろ」
と突っ込みを入れたくなったがやめておいた。
もう 本当にご隠居なのね 山の中ではないが
東京は遠い存在となったのかしら??

そんな訳で 相変わらず 天然で感覚で生きている
母 週末今から機関銃に様に話されるのが怖い。。
2005.09.22 Thursday | 00:18 | comments(3) | trackbacks(1) | 晩ご飯 | 
 | 1 / 2 PAGES | >>