スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.07.02 Wednesday |  | - | - | - | 

お祭り行脚

3連休中日。
多忙を極めていた相方も今日はお休み。
近くの世田谷八幡・大宮八幡で秋祭りと言う事でお散歩
がてら 行って参りました。


先ずは土俵がある事でも有名な世田谷八幡宮

1

お祭りと言えば 出店。

1

大人も子供もテンションが上がりまくっています。

1

舞台ではお神楽が開演されていました。
昔から変わらず お祭りの楽しみ方らしく 何とも風情があり興味
深いモノでした。

こちらの神社を後にし 大宮八幡宮

1

こちらも広い敷地内に所狭しと 出店がでていて 多くの
大人・子供が歓声を上げ 楽しんでいました。

1

私達もココで休憩、出店でお好み焼とビールを買い この雰囲気を楽しみました。
隣の席に座っていた 80歳位の上品な老女もビールと焼き鳥を一人 気分良さそうに
嗜んでいました。

1

昔からあるこの行事。
ココまで 大人も子供も 年齢の壁無く 皆が平和で笑顔が零れる事って
無いんじゃないかと。。何時までも この 何処にでもある 素敵な行事が
無くならない事を願うばかりです。
2007.09.16 Sunday | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

ご近所友との最後のお茶。。

来週 引っ越す 元同僚 兼 ご近所友。
引越し用意真っ只中 ふらりとお茶しに行って参りました。

1

何だかんだと縁で 数年前から 引越しをしても 又 彼女も近く越して
来て 再びご近所さんと言う関係性だったが 今回ばかりは 遠くへ
彼女が引越し。。 直々行き来しながら 主婦的お茶会も
今日が最後かと思うと何とも悲しいものです。。

手作りのチョコレートパイとダロワイヨのマカロンをお茶菓子として
出してくれました。 

1

マカロン 様々なBLOGで見掛ける 女子的なお菓子。。
熱狂的な文章を見る度に そんなにおいしいものなのかな?と
思っていた マカロン。 何気にお初の私、 大分期待して
頂きました。

そう 大分、、

感想、、
そーんなに 熱狂する程の菓子では無かったです。
私には、、 美味しいは美味しいのですがね。。

いつもの様にくだらない話やら食べ物の話やらしながら
あっという間に夕暮れ、、お土産を色々と貰い
又お邪魔するよ、みたいないつもの様にさよならを
して帰宅。

帰り道 これが最後の家 茶会だと気付くと
やはり淋しいと しみじみ思った 夕暮れ時。。



2007.09.15 Saturday | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

お楽しみも終わり

1

旅行に問わずですが 情報収集をしまくって 本番に臨む私は
今回の旅行も前々から色々と情報収集し臨んだ訳で 終わってしまうと
今までの熱意の方向性を失ってしまい茫然自失になってしまうのです。

そんな訳でここ数日は 

次は何の楽しみに向かって走れば良いんだー

と言う心境にどっぷり浸かっています。

お楽しみは終わってしまったのね、、

1
2007.09.14 Friday | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

伊豆下田旅行 4

朝 目が覚めると ピーカンのお天気♪

1

海面に光があたり キラキラです。
景色も良いけど 腹も減ったと朝ごはん。 朝は
バイキングです。

1

洋食・和食と充実した内容でした。私は洋食 相方は和食を 朝から
かっつり気分良く頂きました。 

食後のお散歩へと言う事で ホテル直ぐ傍にある 伊豆最古の宮白浜神社

1

緑深い雰囲気の良い神社、緑が鬱蒼とした山の様だけど 裏は絶壁 海と言う事で
いたるところに蟹が居ます。

1

これが何とも可愛い。。 神社に蟹。。

神社を後にして 再びホテル前の海へ

1

ココ最近 平坦な九十九里の海ばかりを見ていたので ゴツゴツした岩場が
ある海を見るのが新鮮。

1

水もとっても綺麗。。
散歩を終え 部屋に戻り そろそろ 帰り支度の用意。

1

楽しい時間はあっと言う間。。まっ だから 楽しいのかもしれないけど
やはり淋しいです。

1

心地よい時間を過ごさせて貰ったホテルを後にして 下田の駅へ戻ります。
駅で 電車内で食べる駅弁を購入し電車に乗り込みます。 伊豆と言えば 
日本一の漁獲高で名物になっている 金目鯛です。 

1

その押し寿司と 握り寿司をチョイス。

1

これが 中々美味しかったです。
特に 山葵の葉に包まれた金目鯛のお寿司はピリリとして 美味しかったー
電車に揺られながら ウツラウツラと夢の中へ。
1泊2日と言う短い旅でしたが内容具沢山で とても楽しい時間でした。
相方にも良い気分転換になった様で何より。来年も又 こうして旅に
出たいです。。
2007.09.09 Sunday | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 伊豆下田旅行 | 

伊豆下田旅行 3

そもそも 今回何故 下田に旅先を決めたかと言えば宿泊先が
先に決まったからなのである。 
年単位で放置していた プリンスホテルの金券が幾らかあり 今回
それを使おうと 東京もしくは 東京近県のプリンスへ行こうとなったの
です。 ネット上で 建物は古いが海へのアクセスの良さと料理が美味しいと言う
口コミを多く目にした 下田プリンスホテルに決めたのです。

1

綺麗な海岸白浜上に建ちプライベートビーチ状態の海岸 そして
海を眺めながら入れる下田温泉付き 確かに好立地でした。

下田の海はクラゲが出ない事から 9月に入っても海水浴が可能
と言う事もあり 海には 水着姿の人がちらほら。。

1

台風直後と言う事もあり 変わり易い天気でしたが 私達も浜辺に
ゴロリして 最後の夏気分を満喫。。

1

散策を終え 部屋に戻り 肌触りの良い温泉に入った後は お楽しみの夕食。
今回は伊勢海老プランをチョイスしていたので 尚の事楽しみ。。

1

☆甘夏みかんの食前酒から始まった 前菜盛り合わせ。

1

☆お楽しみの刺し盛り

1

☆鱧のお吸い物

1

☆焼き物

1

☆揚げ物 蕎麦の実揚げ 帆立のシンジョウ揚げ

1

☆伊勢海老鍋

他 金目鯛の炊き込みご飯 水菓子。

凄い派手だったりする華美さはないけど どれも 無難に美味しく
食べれました。正直余り期待していなかったので 大満足です。

1

部屋に戻り 再度温泉に入り 駅前で調達した お酒で乾き物で 改めて乾杯♪

それにしても 家事から解放されるってば 最高に楽ー!と感じるのは主婦なら
ではだろう。。温泉に浸かり そしてほろ酔い 潮騒の音を聞きながら早々に爆睡。 
温泉パワーで質の良い睡眠が取れ 初日が終わりました。
2007.09.09 Sunday | 23:53 | comments(0) | trackbacks(1) | 伊豆下田旅行 | 

伊豆下田旅行 2

伊豆へは 来易い場所のせいか 幾度と無く来ている。
しかも 相方と出合ったばかり 互いに何の感情もない頃
用事で 2人で伊豆に行った際 下田駅前のマックで休憩した。
そのお店を今回 目にし 懐かしいと思いながら当時はこんな
展開になるとは思わなかっただろうに と密かに思った。

今回は車でなく電車での観光と言う事もあり がっつり下田
観光をしようと思い予習をしっかりした私、べたべただが
旅行本が推奨する観光順番で散策。そして 今回は 行く前に
私の興味を強く引いた 唐人 お吉(アメリカからの初代駐日行使ハリスに遣え
た結果 街中の人から壮絶な 差別やいじめにあい 不運な一生だった
女性)お吉に重きを置いた観光案にした、、 

先ずは 
 ^霤鳥

1
平安末期 大天坐像 阿弥陀如来

下田開港時 仮奉行所が置かれていたお寺。

◆(福寺

1

ここに そのお吉のお墓があり その上 お吉記念館がある。
しっかり 見学。 展示されているものを見学すると 言葉を
失うほどの凄まじい 差別を受けて 自暴自棄になり落ちていく
過程が見え 最後の最後まで不運だったお吉の一生を知り
同じ女性として心が詰まる思いだった。

1

このお吉の話は その内容の凄さから 幾度と無く 芝居や歌舞伎の題材にも
されているそう。

 了仙寺 

1

ペリーが日米和親条約を終結したお寺。
たくさんのジャスミン花が綺麗に咲き誇り 
緑の葉が豊かなジャスミンの中に古い木造のお寺がある 美しい
お寺でした。

ぁ.撻蝓璽蹇璽

1

ペリーが上陸した際 歩いたことから この名前になった小道。
昔ながらの小民家やなまこ壁の建物が並び 京都の祇園にも似た
とても風情のあり 所どころに 手湯 足湯があるのも 観光客には
何とも言えぬ嬉しいもの、、

ァ^堕章

1

なまこ壁が綺麗な お吉が営んでいた小料理屋
行く前までは 不幸なお吉の話ばかりをしていた私に 旅行前から辛気臭いと
嫌がっていた相方も 何気にお吉の話にすっかり はまり こちらの建物も
見学。

1

歴史ある 建物内は 今じゃ作れないだろうと思われる 味わいある作り。
そして 現在 この建物の持ち主となっている お婆ちゃんが 汗をかきながら
詳しくお吉の話を説明してくれ 有難いサービスだった。

そして お楽しみの昼食。
今回 下田の下調べをしている時 ブログなどで多く目にした
超絶品のある うなぎやの話。 日本一といっても過言では
ないとまで言う人もあり、、 注文を受けてから 天然国産の
生きたうなぎを裁くので1時間位の待ち時間を要するが待ってでも
食べたい味との事。。 そのお店へ

1

蒲焼 小川屋
店内には 超名人と言った感じの大将らしき主人がきびきびと動き
横に大量の生きた鰻が・・・
待ち時間は 予習で絶品と知った 

1

肝煮

1

地物 貝煮

をオーダーし 一杯。
肝煮が最高に美味しいです。奪い合う様に一瞬でなくなった つまみ。
あとはひたすら待ちです。で キター

1

美しすぎるうな重!
そして お味は 今まで知っている鰻の味は何ぞやと思う程の旨さ。。
油っこそもなく 軽くさくさくと食べれる、いや これには本当に
驚く程の美味しさで 未だに 写真を見る度によだれをジュルリ
しています。

下田観光はこの辺りで終了し 今夜の宿へ。。 
  
2007.09.09 Sunday | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 伊豆下田旅行 | 

伊豆下田旅行 1

9月9日は 昨年結婚式を挙げた記念日です。
と言う事で 土日を利用し 旅行に行って参りました。
行き先は 伊豆下田。

1

この一年間 数ヶ月おきに行く 両親が居る千葉九十九里や
相方の故郷+親族 神戸・高知 と親族絡みの旅行のみで
旅行らしい旅行を行っていなかった。

前日からハイテンションで眠れない私。(運動会の前日状態)
社交で当日のAM6時頃に帰宅した相方 (睡眠1時間)
と悪条件のスタート、 全く起きようとしない相方をどうにか
おこし 出発。 新宿より スーパービュー踊り子号でノンストップで
伊豆下田日の出 意気揚々とホームに行くと

人身事故により・・・・

とアナウンス・・・・ なんと タイミングの悪さ困惑
何とか 時間を潰しながら 30分遅れで 電車到着。

1

下田へは 2時間半強の何気に長い乗車時間。
スーパービューは電車には珍しく 子供用の遊戯室や授乳室があったりと
ファミリー向けに優しいリゾート電車である。 職場内にある旅行代理店で切符を
手配したのに大人二名の私達は何故か その 遊戯室の2階の電車 そして 
展望席直ぐ横と言う ファミリーファミリーの号車に当たり 乗車中は 
子供の歓喜が鳴り響く席で 相方は暴睡 私は車窓から見える海を眺め上がる
テンションを抑えつつ 大人しく乗車上向き

30分遅れで 11時50分 伊豆下田に到着。
チェックインまで荷物を預け 下田観光へ出発です。。


2007.09.09 Sunday | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) | 伊豆下田旅行 | 

ビックマックを食す

昼休み 雨が降ったり 晴れたりの生憎の天気の中 外に出てみる。 
今日は 一人外ランチ。
凄まじい数のお店がランチ営業をしている 渋谷。
どうしようかと 迷いながらも ここ数日気になっている事が
あり センター街の中だけでも2店舗もある

マック

の前で 一人立つ。

ビックマック 今だけ 200円

これが気になり 久し振りにビックマックを食べたくなっていた。
けど 何も渋谷でと思い 一店舗目は立ち止まるも スルーし
二店舗目もフェイントをかけつつ スルーしたが 迂回して 
入ってしまった。 


で コレ、、ビックマック。。

1

昔 ビックマックを頬張っていたら  男子に

初めて 女で ビックマックを喰う奴を見た。

言われたと言うか 引かれた。 

悪いか!
  何を幻想を抱いているんだ!
 

と 思ったけど、、 
久し振りに食べても 相変わらず食べ難い食べ物
やっぱり 凄い形相で食べたけど満足でした。。

何だかんだと 食べてしまう ファーストフード 
さすがに若いとき程は食べなくなったが 未だに嫌いじゃない自分。

食べながら 窓から見える空を見上げるが渋谷の空は小さい。

1

息苦しい。

歌舞伎町のホストクラブの広告がこんな場所にまであるなんて。。
どんだけ欲が錯綜しているのだか。

そんな午後 友から 愚痴メールが来た。
我慢せなー と返信すると

私も我慢してるんだからー 

とプチ切れ返信。 しかも 3度程 我慢している と言う 
言葉が。。必至にアピール加減が ストレス過多状態を感じつつ 
アピールをフィルターなく素直に直球で投げてくる 友を可笑しくも思った。

酒に逃げたいが 酒が飲めないから 葡萄を買いに行くと言っていた友
美味しい葡萄買って来たかしら?
少しは落ち着いたかしら?

 
2007.09.05 Wednesday | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

今期 初鍋

1

職場の同僚より ロシア旅行土産を貰いました。
マトリョーシカのブローチ。 何気に気に入っている。

1

手書きで それぞれ 顔が違うところも可愛い。

気付けば9月。。
ここ数日は大分凌ぎやすくなり 窓を開け放つ家が
増えてきた。 今年も 3ヶ月。。。 早いなぁ 本当に。。
そんな 秋口の今夜の献立は 早くも 鍋です。
涼しいとは言え 今夜は結構暑いです、なのに鍋です。
何だか 食べたくなった 鍋 鍋 鍋。。
(相方より若干クレームが出そうですが。。。。)

中身は水炊き、高知で買った 柚子酢(柚子果汁100%)でお手製
ポン酢を作り 頂きます。

サウナ顔負けの汗を流し 今期初の鍋を食しました。
味は勿論 おいしいのですが、
さすが 冬の食べ物 内臓から温まるので汗が吹き出ます。
けど これって ダイエットに良いかも。
ヘルシーな料理に カロリー消費が激しい食事。。メタボの相方にぴったり。。
思いがけず 健康的な夕食になりました。
2007.09.03 Monday | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 

今週もアキバ

AM 9時 に朝帰りした 相方。
先週に引き続き今週もアキバへ用が出来 数時間の仮眠をして
一路アキバへ
 
1

駅を降りた瞬間 アキ臭 を 感じるが 嫌いじゃない街。
新宿や渋谷に居るよりは 不思議と疲れない。。どちらかと言うと 気を
抜いてアホ面で居られる。 いつも以上に意図的にアホ面で突っ立ち アイス
を食べる 自分を客観視したら 2面性の側面の様で いつかの 東電OL事件
の気持ちが少し解るような気がした。

1

大通り脇を歩いても 路地に入っても 竹下通り並みの人ごみ。
そして 新宿や渋谷で感じる 殺伐感がなく どこまでも平和。
けど 今 ここで私が倒れても誰も手を差し伸べてはくれない 己の
世界にどっぷり メルヘンの町。。

チョコチョコと買い物をしている相方は大分楽しそうである。
私は 999円のたこ焼き機を買おうか 迷ったり 大画面に映し出される
ビリーに釘付けだったり それなりに 楽しんでいます。 けど 
それより 私は私で アキバに来た理由がある。
それは・・・・

1

ハイ らーネタです。
原宿で有名のじゃんがら らーめんの本店は秋葉原なのである。
高校の頃よく 並んだこのお店。さすがに本店はお初。。そして
ひさしぶりのじゃんがら〜☆

本店も行列、、 らー並びに慣れている私は一人 並び
(直前に相方合流)ワクワクのじゃんがら らーめん

全部入り♪

1

久し振りのじゃんがらは美味しかったです。
一つ言えば ぼんしゃんと言う アキバは夜限定の もっとこってり
したものがあるのですが そちら方が断然自分は好きです。

食べ終わった後も買い物が続いている相方。。
気付けば 荷物が一杯・・・
男性にとっては おもちゃ箱の様な街。

又 数週間したら 来てしまうだろう

とつぶやいた相方。それでは私は次のアキバグルメを
調べておかないと、、 



2007.09.01 Saturday | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 
<< | 2 / 53 PAGES | >>